気になるMRの年収は?私の初任給は○○○万円でした

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ed7ee0548bc78d1dd2759cc335fe2271_s

「ゆとり世代」「バブルを知らない、失われた20年の世代」私の経験ですが、就活中も社会人になってからも、上の世代の方々からは、色々なことを言われます・・・。

でも、そんな時代を生きてきたからこそ、私たちの世代は現実的です。高給と安定性は最優先ですお給料なんてどうでも良いというのは、私にとっては綺麗事にしか聞こえません。

自分が満足できる生活を送れてこその社会貢献です。古い汚い家に住んで、シワシワのスーツを着て、不摂生で肌もガサガサ、清潔感の無いよれよれの見た目をしていて、社会貢献ができますか?

MRを目指すのであれば、売上=社会貢献です。

貧乏でも社会貢献をできる仕事もあるかもしれませんが、営業の仕事において、貧乏くさいことはデメリットでしかありません。貧乏な営業マンから物を買う人はいません。

あなたも本当にMRを目指しているのであれば、お金のことも気にしてください。社会貢献をするのはもちろんですが、営業の仕事では「数字」がとても大切です。毎月、年間の売上目標です。常に数字を意識するようにしましょう。お給料というのは、あなたがどのくらい社会貢献できたかが、一番わかりやすくはっきりと表れる指標になります。

 

今回は、そんなMRのお給料の話です。

 

MRの年収は?

あなたも調べたことがあると思いますが、色々な情報があります。

 

DODA転職支援サーピスの『平均年収ランキング2015』によると、MRの平均年収は731万円で、全89職種のうち2位です。DODA転職支援サーピスに登録した人のデータを元にしたものであるとこのことなので、この金額は自己申告によるものです。

転職支援サーピスに登録する人は、当然、転職を考えている人なので、おそらく、外資系の20〜30代がメインの層になっていると思われます。また、給与の額面の申告なので、これとは別で、福利厚生としての家賃補助、自己啓発の支援などがあります。

 

『mr 年収』の検索でトップに出てくる『平均年収.jp』では、平均650万円(口コミ調べ)となっています。  

 

MRの初任給は?

c126653b8a7a076ea194e5cc7ef44c46_s東証1部上場企業の初任給平均が205,000円ですが、その中で医薬品業界の平均は225,000円になっています。

元データが見つからなかったのですが、これは、おそらく研究職の理系の大学院卒が含まれた金額だと思います。院卒の初任給は、当然、文系の学部卒より高くなるので、あなたの初任給が225,000円より低くても心配ありません。

 

MRの給与は、基本的には、基本給+営業手当です。営業手当は、1日2000円〜4000円です。

 

実際に、私の初任給も205,000円でした。1年目は夏のボーナスが少ししか出ないので、年収は300万円強でした。2年目はボーナスも全額出て、営業手当もほとんど毎日ついたので、年収は400万円強です。MRの良いところは、景気に左右されずボーナスがしっかりと出るところです。

年収400万円は、商社やマスコミに比べると少ないのかもしれませんが、国税庁の統計調査によると、会社員の平均年収が400万円前半です。私は、地方の一般家庭で育ったので、社会人2年目でこんなに貰えるなんてすごいことだと感じました。

ちなみに、私の企業は特に年収の高い方ではなかったので、多いところはもっと貰えます。

 

さらに、営業成績が良いと、この年収にボーナスで追加の数十万円がプラスされます。私の会社にはいませんでしたが、業界内では、2年目で年収500万円代も普通にいるのではないかと思います。  

 

福利厚生も手厚い

給与とは別で、福利厚生も手厚いです。

 

なんといっても、家賃補助が素晴らしいです。大手なら全額〜7割くらい負担してもらえます。私は、都内のマンションに1万円で住んでいました。新卒で都内住みだと、家賃が掛からないというのは本当に助かります。

 

他には、企業によりますが、引っ越しをすると補助が30万円出たり、地方だと一人暮らし1万円で1LDKの部屋に住んでいたりします。転勤はありますが、他の業界に比べると、かなり恵まれています。  

f83cbe20fe4fdc3fd0240e6dcc88287c_s実際、私立文系で氷河期に就活をした私は、周りの大学の友人たちと比べると、一番、貰っている方だったと思います。

欲しいものや食べたいものは、我慢せずに、自由に手に入れることができます。旅行もケチることなく、贅沢な部屋に泊まります。ブランド物も欲しければ、一括払いで買えます。

会社の同期と飲みに行くと、1次会で5000円の飲み放題、2次会、3次会と合わせていくと1晩で1万円コースになります。個室で、おいしい料理を食べることができます。同世代にとって、この金額が高いのか安いのかはわかりませんが。

男の同期はキャバクラやクラブに行くこともあるみたいですね・・・。

 

とりあえず、みんなお金に困っていないので、ケチな人は少ないです。

 

結婚して家庭を持つことを考えると貯金も必要ですが、一人暮らしなら十分すぎる金額でした。お給料は、食費や通信光熱費を除くと、それ以外は貯金できるので、結婚するのにも全く問題ないと思います。配偶者や子供の手当も数万円ずつ増えていくので、結婚する方がお得かもしれません。

 

あとは、営業に車が必要なので、ほとんど自己負担することなく、会社からの補助を使って車を所有することができます。私はバブルっぽくてあまり好きではないのですが、ベンツやBMWの外車で営業をしているMRも一定数います。贅沢も可能です。

 

ちなみに、医療業界は会社の信用も高いので、ローンも簡単に組めます。銀行員になった友人から、「早く家買って、うちでローン組んでくれよ!」と、よく言われていました・・・。ただの冗談というわけではなく、友人の話によると、本当に審査に通るらしく、2年目で戸建てを買うことも可能みたいです。

MRは転勤があるので、さすがに、若くして家を買った人は見たことがありませんが。  

 

あなたはどんな生活をしたいですか?

今回は、平均年収の数字だけではなく、詳細な金額や補助、暮らしぶりなどについても紹介しました。こうやって書いてみると、一昔前のバブルっぽい感じもしますが、よく噂されるMRの接待とか金を使って契約を取るみたいなバブリーなことは、実際にはありません。今回は、単純に、給与は十分貰えるという話です。

MRになる人は、お金稼ぎや、大きなことをしてやろうという派手さではなく、あくまでも「社会貢献したい」という気持ちが強い人がほとんどです。なので、お金の使い方は、やはり商社やマスコミの友人と比べると、地味で堅実だと思います。

 

あなたは社会人になったら、どんな生活をしたいですか?目を閉じてイメージしてみましょう。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

【無料メルマガ】本音ブログにも書けないぶっちゃけ情報はこちら!

本ブログではMRを目指す就活生向けに、可能な限り本音の情報をお伝えしています。

しかし、特定企業や個人の情報をブログに書くのはためらわれる・・・。ということで、メルマガ読者限定で、さらにぶっちゃけた情報を配信していきます。

最新の業界ニュースも配信します!企業分析もメルマガでどうぞ。

もちろん、完全無料です。あなたがMRを目指しているなら、必ず登録してください!


無料メルマガ登録

SNSで更新情報を確認できます。

コメントを残す