人事は綺麗事しか言わないのでMRのブラックさを暴露します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ブラック企業ランキング-2013-関東-関西-東海-中部

元医療業界の中の人、MR子です。

私はMRとして働いていましたが、現在は、退職して利害関係は切れています。だから、本音を暴露できます。  

 

企業の人事をはじめとする業界の中の人は、綺麗事しか言いません。大学の就職課職員や、就活生向けのコンサルタントは、中のことを知らないので、ものすごく的外れなことを就活生に伝えています。仕事のくせに、無責任でいい加減なことばかり言うので、正直、あきれて腹が立ちます。

私は、MRとして働いていて、早期退職してしまう同期を見てきました。就活を頑張って乗り越え、知名度もあって待遇も良い企業に入社できたのに、早期退職してしまうのでは、せっかくの新卒という立場を無駄にしてしまったようなものです。

そういった犠牲者を増やさないために、今回は、MRがブラックなのかどうかをお伝えします。就活生に真実を伝えてミスマッチを減らすことが、このブログの目的です。  

 

MRはブラックなのか

MRについて、真実をお伝えすると、まず、残業や土日出勤が頻繁にあります。医師に相手にされないことは、日常茶飯事です。無視されるだけならまだしも、ときには、怒鳴りつけられることもあります。医師の中には、頑固だったり、横柄だったりする人もいるので、自分には非の無いことで責められたり、使いっ走りのように扱われたりすることもあります。  

 

だから、私は、MRになるための条件として、第一に、メンタルが強いことを挙げます。ストレス耐性が強く、目標達成意欲が高く、負けず嫌いな人がMRに向いています。  

 

d9d285f0da31658402ba0ae563eacc42_sゆったりとした職場で、のほほんと働いて、土日は趣味に費やしたい、というような就活生には、MRはおすすめしません。メンタルが弱くて、自分の仕事に責任を持ちたくなくて、自信の無い人にとっては、MRはブラックだと思います。

私の大学の後輩で、「お給料高いのが良いから、MRになろうと思ってるんですけど〜」と言ってきた子がいました。実家がお金持ちで、あまり苦労したこともなさそうな、世間知らずの箱入りっぽいお嬢様です。正直、その子には、絶対にMRは無理だと思いました。

MRに限らずですが、お給料や安定性やステータスだけを目的にして、厳しい仕事に就くと、入社後に苦労します。自分が何をできるかを考えずに、「何かを欲しい、貰いたい」というばかりの甘い考え方では、厳しい業界では通用しません。仕事もできないだろうし、先輩や上司にも、一瞬で見透かされます。

 

MRの良さ

MRは厳しいです。他の営業職より、断然、難しいと思います。

では、MRはブラックなのかというと、私は、そうは思いません。  

 

ブログの他の記事で紹介しているように、MRの良いところもたくさんあります。

個人的な話になりますが、私は、積極的で行動力のある方だと思います。嫌なことがあっても、寝れば翌日には忘れます。サバサバしているので、他人や物事に対して、未練や恨みを持つこともないです。新しいことに対する抵抗はなく、むしろ、毎日同じことを繰り返すのは苦痛です。役職があるだけで無能な上司の下では、絶対に働きたくないです。

こんな私にとっては、MRは楽しく、やりがいのある仕事でした。退職した今でも、MRはとても向いている仕事だったと思っています。  

 

若手のうちから裁量があり、自分のペース、やり方で仕事を進められます。努力して結果を残せば、きちんと評価されます。私は2年目から大学病院を担当したので、日本で有名な、優秀な医師たちと一緒に仕事をさせていただく機会もありました。

目標に対して妥協せずに行動し、数字として結果を残せたこと、優秀な方々とたくさんお話しできたことは、今でも私の財産となっています。  

 

個人の裁量が大きいので楽することも可能

gettyimages_168161343最後に、MRは個人の裁量に任される仕事です。会社を出て、病院回りに出てしまえば、何をするかは自分次第です。上司の目もありません。

綺麗事抜きにお伝えしますが、仕事を怠けて、勤務時間内に自宅や営業車で昼寝をしていたり、ネカフェで漫画を読んでいたりするMRもたくさんいます。  

 

MRの仕事は、基本的に、数日で成果が出るものではなく、数ヶ月〜数年かけて実績が出てくるようなものです。つまり、今日、今週、頑張っても怠けても、それが結果として表れるのは、数ヶ月先になります。

MRは個人の裁量が大きいので、その気になれば、いくらでも怠けることもできるのです。ただし、そういうMRはいつまでも実績が出ないし、怠けた分は、いつか本人に返ってきます。私は、そういうMRを尊敬していませんが、そういうMRが多いのも事実です。  

 

ブラックかどうかはあなた次第

今回、MRの実態を綺麗事抜きでお伝えしましたが、いかがでしたか?

安定性やお給料だけを求めている就活生には、MRはとても厳しい仕事になると思います。就活を辞めて、公務員などになる方が良いと感じます。

99b63d757200e3631d99f4aab3bee190_s一方で、私の場合ですが、性格的に、公務員の働き方や仕事内容は苦痛なので憧れません。自分の裁量で一生懸命仕事をして、医療従事者や患者さんから感謝されて、営業実績を出した分は自分の評価として返ってくるというMRは、私にとっては素晴らしい仕事でした。  

 

結局、その人次第ということになってしまいますが、不規則な勤務や、医師とのやりとりをしたくないという就活生にとっては、MRはブラックだと感じると思います。そういう就活生には、他の業種を目指すことをお勧めします。

そういったことを問題と感じず、若手のうちから大きな裁量を持ちたい、一生懸命仕事をして評価されたい、優秀な人たちと一緒に仕事をしたいと思うのであれば、MRは向いていると思います。

 

私が就活生のときは、某内資のA社が「うちの会社の仕事は厳しいです。楽をしたい人は来ないでください。でも、頑張って結果を残した人は必ず評価します。」と、説明会で何回も強調していました。今思えば、大事なことをごまかさずに話していたのはこの会社だけだったかも。

 

どんな企業がブラックなのか考えてみよう

私は、仕事で楽をしたい安定志向の人ではなく、目標達成意欲が高く、患者さんの役に立ちたいという気持ちの強い人に、MRになってほしいと思っています。そのために、今回、ブラックなのかどうかという、人事が絶対に触れない部分についてお伝えしました。  

 

あなたは、どう感じましたか?あなたが思うブラック企業の条件を考えてみてください。あなたにとって、MRはその条件に当てはまるでしょうか?  

 

あなたが、入社後に後悔することのないように、納得して就活を進められますように。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

【無料メルマガ】本音ブログにも書けないぶっちゃけ情報はこちら!

本ブログではMRを目指す就活生向けに、可能な限り本音の情報をお伝えしています。

しかし、特定企業や個人の情報をブログに書くのはためらわれる・・・。ということで、メルマガ読者限定で、さらにぶっちゃけた情報を配信していきます。

最新の業界ニュースも配信します!企業分析もメルマガでどうぞ。

もちろん、完全無料です。あなたがMRを目指しているなら、必ず登録してください!


無料メルマガ登録

SNSで更新情報を確認できます。

コメントを残す