文系卒MRが教える!「MRになる」ための情報

文系卒MRが教える!「MRになる」ための情報

就活でMRを目指す学生のためのブログ

はじめまして。MR子です。

大手メーカーのMRとして3年間勤務しており、都内の大学病院を担当していました。

私は文系卒でMRになりました。就活生のときは、MRのOBもMRを目指す友人も周りにいなくて、情報不足で苦労しました。

このブログには、同じように困っている「MRを目指す学生」のための情報をまとめています。

 

MRになった実体験から学んだことを詰め込みました

私は大学3年の夏から就活を始めましたが、志望業界も職種も決まっていなかったので、とりあえずたくさんの企業を見て、時間を掛けて自己分析をしました。

その中で、 医療に関わる分野への興味が強いことに気づき、 MRを志望するようになりました。しかし、文系の私にとって、医療はそれまでの経験とは全く関係の無い分野です。

 

周りの先輩や友人たちは公務員試験を受けたり、金融業界を目指していたりする人ばかり。

就職課に相談に行っても、職員のアドバイスはいまいち。

OB訪問をしようと思っても、名簿に医療業界のOBが1人も載ってない。

 

そんな状況の中、一人で手探りでMRの就活を進めました。

相談できる相手もおらず、情報源はネットだけ。インターンシップに全落ちしたり、選考会にいる他の学生のハイスペぶりに自信をなくしたり、たくさん遠回りしました。

 

転機になったのは、インターンシップ先の中小企業の社長に相談したことでした。

医療とは全然関係のない業界の企業でしたが、社長は誰でも知っている超有名企業で営業成績トップを数年間獲り続け、独立した方でした。

 

その社長のアドバイスに沿って就活を進めた結果、私は4月の1週目のうちに、大手メーカーにMRとして内定をもらうことができました。

当時は今とスケジュールが違って、12月にリクナビオープン、4月に面接解禁でした。東日本大震災後の超氷河期だったので、周りの友人たちの誰よりも早い内定でした。

 

正直、社長に相談していなかったら、早期にMRの内定は取れなかったと思います。ハイスペ学生とは程遠い平凡な私でしたが、社長のアドバイスにより、営業として、MRとして必要な考え方・行動を理解して就活を進めることができたおかげです。

MRになるには高学歴・体育会・TOEICなどの優秀な肩書きや経験が必要だと思っていましたが、それは間違いでした。

MRに必要なことは、一言でいうと、営業として優秀であることです。誠実さや、向上心や、行動力などです。

 

業界経験者だけが知っているMRの特殊さ

あなたは、業界・企業研究をしたり、説明会に参加したりするなかで 『MRの仕事って、他の営業とは雰囲気が違うのかな・・・。』『医療業界って、少し特殊な業界なのかな・・・。』 と感じたことはありませんか?

正直なところ、あなたが感じていることは正しいです。

 

先ほど、MRは営業として優秀でなければならないということをお伝えしました。

ですが、これは説明がとても難しい部分です。MRは営業として優秀でなければならないのですが、他の業界で優秀な営業マンが、優秀なMRになれるかというと、そうとは限らないです。

 

色々な業界に「営業職」がある中で、製薬・医療業界だけが「MR」として、他の営業と分かれている理由を考えたことはありますか? そういったことからも、「MR」は営業として特殊だと言えます。

 

製薬・医療業界の採用担当者は、「営業職」に向いている人の中で、さらに、「MR」に向いている人を採用しています。なので、例えば、他業界の営業職の選考で評価された受け答えが、MRの選考ではマイナス評価になるような場合もあります。

おそらく、大学の就職課や、あなたの先輩や、一般的な就活塾・コンサルタントは、そういった部分を理解していません。MRの特殊さは、MRとして働いた業界経験者にしかわかりません。

 

そういった、就活生にはタブーとして知らされないこと、医療業界の本音などをこのブログに書いていきます。

 

本気でMRになりたいあなたへ

私がこのブログを始めた一番の理由をお伝えしておきます。

 

MRはとてもやりがいのある仕事です。社会貢献度が高く、自分のやった仕事が人の役に立っているのを実感できます。努力した分だけ、医療従事者や患者さんに直接「ありがとう」と言ってもらえる機会があって、私にとっては天職だったと感じています。

 

ですが、これは私の感想です。

 

同期には、MRという職種を早期のうちに離れてしまう人が数名いました。そんな人たちにとって、MRは辛い仕事だったと思います。

就活時に正しい情報が伝えられいなかったためのミスマッチです。

 

私にはMRが向いていて、MRに合わなかった人にはもっと他に向いている仕事があったというだけのことだと思います。

ですが、仕事や業界について、正しい情報があれば、貴重な新卒の就職で誤った選択をするのを防ぐことができます。離職率も下がって、企業と就活生双方にとってメリットです。

どんな仕事にも辛い場面はありますが、自分に合う仕事に就くことで、成果も出やすく、人生もより楽しくなると思います。

 

そこで、私ができることとして、MR経験という私の強みを生かし、「MRを目指す学生」向けの情報を発信するためにこのブログをつくりました。

 

就活関連の情報は世の中に数多くありますが、MRや製薬・医療機器メーカーに特化したものはほとんどありません。

MRを目指すあなたのお役に立てるよう、有益な情報を発信していきます!

 

ご質問はお気軽にどうぞ

最後に、私は3年間の実務経験がありますが、現在、企業の採用担当者との関わりは一切ありません。そのため、就活生側からは見えない現場の情報や本音の部分を、中立的な立場で発信できます。

質問などあれば、お気軽にご連絡ください。企業に情報が漏れることは絶対にありません。

今のところTwitterのDMだけですが、いただいたメッセージはすべて確認します。

 

少しでもお役に立てれば幸いです。

頑張りましょう!!

 

このブログについてカテゴリの最新記事